【認定講習会および研修会】第1回 2024年4月21日(日)開催

      2024/04/19

2024年度 第1回※2024年4月21日(日)開催 一般社団法人東京形成歯科研究会 主催 公益社団法人日本口腔インプラント学会 認定講習会 対面+オンライン(Zoom)※受講生の先生は参加形式:“対面”でご参加下さい。

2024年4月21日(日) 開催 TPDS(当会)主催JSOI認定講習会 アンケート
受講生の先生は、各講義終了時までに、下記より“アンケート”にご回答ください。

2024年度 第1回 TPDS主催JSOI認定講習会(4月21日(日)開催)_講師:礒邉和重先生
https://jp.surveymonkey.com/r/XV8SG26


2024年度 第1回 TPDS主催JSOI認定講習会(4月21日(日)開催)_講師:川瀬知之先生
https://jp.surveymonkey.com/r/DSF32CV


2024年度 第1回 TPDS主催JSOI認定講習会(4月21日(日)開催)_講師:細川隆司先生
https://jp.surveymonkey.com/r/DSF32CV


※会場:要注意・・・下記・場所/会場をご確認下さい。

本講習会は、“対面”参加形式、“オンライン”(Zoom)参加形式 ※修了式(懇親会)への参加形式は“対面”のみです。のハイブリッド(併用)型で開催します。

実習・資料館見学への参加形式は“対面”のみです。講義への参加形式は“オンライン”でも可能ですが、受講生の先生方はご注意下さい。

本講習会は ZOOM(インターネット・WEB 会議システム)( https://zoom.us/jp-jp/meetings.html にてオンライン同時配信いたします。
Zoomでご参加なされる先生は、カメラ付きの PC またはタブレット端末(例、iPad)をご用意願います。双方向で会話ができ、PPT等の発表スライドも十分に閲覧可能です。
Zoomへの接続方法が不明な先生は、資料「Zoomアプリのダウンロード~ミーティングを始めるまでの手順」を別途配信させていただきます。当会事務局までEmail送信願います。
〇従来通り、お申し入れがあれば、本講習会開催の数日前に「Zoom“接続テスト”」を実施します。
〇その他、ご不明な点につきましては、どうぞお気軽に当会事務局までご連絡下さい。


※敬称略

講演

「JSOI 認定医試験対策_術前・術後の記録(⼝腔内写真・パノラマレントゲン) と症例のスライド作成」

※講演形式:“ 対面 ”+“ オンライン ” 「Zoom」配信

〇撮影・録画 禁止

礒邉和重 (一社)東京形成歯科研究会副会長/JSOI指導医/いそべ歯科医院
礒邉和重
※参加形式:“ 対面 ”
「(前半) 2024 年度 新潟大学×TPDS 共同研究とリサーチマインドと再生医療 (後半) 文献検索と読み方」

※講演形式:“ 対面 ”+“ オンライン ” 「Zoom」配信

〇撮影・録画 禁止

川瀬知之 新潟大学大学院医歯学総合研究科 歯科薬理学分野 准教授/日本再生医療学会認定医
川瀬知之
※参加形式:“ 対面 ”
「JSOI専門医制度について/インプラント治療、治療計画に関する補綴学的リスクマネジメント」

※講演形式:“ 対面 ”+“ オンライン ” 「Zoom」配信

〇撮影・録画 禁止

細川隆司 九州歯科大学副学長/日本口腔インプラント学会理事長
細川隆司
※参加形式:“ 対面 ”

開催概要

※開催概要は予告無く変更となる場合がございます。予めご了承願います。

日時
2024年4月21日(日)
タイムスケジュール ※予告なく変更となる場合がございます。予めご了承願います。
9:00 ~
挨拶 「月岡 庸之(東京形成歯科研究会・会長)」 ※“対面”参加
理事紹介/受講生挨拶
10:00 ~
講義 テーマ:JSOI 認定医試験対策_術前・術後の記録(⼝腔内写真・パノラマレントゲン)と症例のスライド作成
開催形式: “ 対面 ”+“ オンライン ” ※「Zoom」配信
○講師:礒邉和重 ※“対面”参加
○座長:渡辺泰典 ※“対面”参加
12:10 ~
休憩/昼食
12:40 ~
講義 テーマ:(前半) 2024 年度 新潟大学×TPDS 共同研究とリサーチマインドと再生医療 (後半) 文献検索と読み方
講演形式:“ 対面 ”+“ オンライン ” ※「Zoom」配信
○講師:川瀬知之 ※“対面”参加
○座長:渡辺泰典 ※“対面”参加
14:45 ~
講義 テーマ:JSOI専門医制度について/インプラント治療、治療計画に関する補綴学的リスクマネジメント
講演形式:“ 対面 ”+“ オンライン ” ※「Zoom」配信
○講師:細川隆司 ※“対面”参加
○座長:礒邉和重 ※“対面”参加
16:45 ~
移動
17:00 ~
開講式 / 懇親会
19:00
挨拶 「月岡 庸之(東京形成歯科研究会・会長)」 ※“対面”参加/終了(予定)
場 所/会 場 及び Zoom(インターネット・WEB会議システム)接続について

○対面参加形式の場合
トライエッジカンファレンス11階 ※部屋、別途ご案内 ・・・ 11A・11B・11C・11D
住所:〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4-2-5 御茶ノ水NKビル(トライエッジ御茶ノ水)11階
アクセス  https://try-edge.infield95.com/access/
※当日の連絡先 TEL:03-5289-0177(会場) または TEL:(TPDS事務局)


○オンライン(Zoom)形式参加の場合
Zoom(インターネット・WEB 会議システム)( https://zoom.us/jp-jp/meetings.html )での開催となります。
講習会当日、下記の内容よりご参加下さい。

「Zoom」
トピック: TPDS(当会)主催JSOI認定講習会(2024年度第1回)_2024年4月21日(日)9:00~
時刻: 2024年4月21日 09:00 AM 大阪、札幌、東京

Zoomミーティングに参加する※TPDS事務局までお問合せ下さい。
ミーティング ID: ※TPDS事務局までお問合せ下さい。
パスワード: ※TPDS事務局までお問合せ下さい。
※部外者からの進入を排除するため、対外秘でお願い致します。
1) Zoomアプリ ダウンロードをお済みでない方
添付「Zoomアプリのダウンロード~ミーティングを始めるまでの手順」の内容に沿って進めていただき、上記の「ID」「パスワード」を使用し、ミーティングに参加して下さい。
2) Zoomアプリ ダウンロードがお済みの方
添付「Zoomアプリのダウンロード~ミーティングを始めるまでの手順」内の“サインイン”からスタートし、上記の「ID」「パスワード」を使用し、ミーティングに参加して下さい。
※講習会当日、ミーティングに参加後、接続できないようであれば、当会事務局(Tel 090-4913-8677)までお電話をお願い致します。参加者の先生からのミーティングの参加を、こちら(事務局)で許可することで、ミーティングへの参加の接続が完了となります。
Zoomアプリのダウンロード ~ ミーティングを始めるまで の手順
開講式 / 懇親会
https://www.ginza-aster.co.jp/shops/05ochanomizu/
銀座アスター お茶の水賓館
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4-3 新お茶の水ビル21F
TEL 03-3293-8011
※講演会場から徒歩で3分前後です。
協賛
調整中
受講料
○(一社)東京形成歯科研究会主催 JSOI 認定「 講習会 」受講生:無料
※2024年度(一社)東京形成歯科研究会主催JSOI認定講習会 受講料に含まれる。
○(一社)東京形成歯科研究会会員:無料
※2024年度(一社)東京形成歯科研究会「年会費」に含まれます。
○ 再生医療等提供機関 管理者:要相談(下記「お問合せ先」まで)
○ 一般参加者(受講希望者):25,000 円 ※対面参加形式の場合:昼食代(お弁当)含む
振込先
銀行名:みずほ銀行
支店名:王子支店(店番号 557)
口座種類:普通預金
口座番号:1517592
口座名義:シヤ)トウキヨウケイセイシカケンキユウカイ 一般社団法人東京形成歯科研究会 代表理事 奥寺元
※「振込手数料」は参加者様にてご負担をお願い致します。※お振込の際に発行される「振込明細」を領収書と致します。
振込期日
2024年 4 18日(木)
参加申込方法
下記「参加申込書」に必要事項をご記入の上、FAXまたはE-mailにてお送り下さい。
※必要事項が認識できれば、「参加申込書」を利用しなくても結構です。
FAX:03-3919-5114
E‐mail:okudera@carrot.ocn.ne.jp

参加申込締切日
2024年 4 16日(火)12:00 正午
[お問合せ]
東京形成歯科研究会 事務局 担当:押田浩文
〒114‐0002
東京都北区王子2‐26‐2 ウェルネスオクデラビルズ3F オクデラメディカル内
TEL:03‐3919‐5111
FAX:03‐3919‐5114
E‐mail:okudera@carrot.ocn.ne.jp

講演

“ 講義 ”
「JSOI 認定医試験対策_術前・術後の記録(⼝腔内写真・パノラマレントゲン)と症例のスライド作成」
(一社)東京形成歯科研究会副会長/JSOI指導医/いそべ歯科医院
礒邉和重

⽇本⼝腔インプラント学会の専⾨医・指導医を取得するためには何が必要なのか?資格試験受験において重要となる⼝腔内写真およびパノラマレントゲン写真について、きちんと撮影・記録・保存ができるように、先⽣⽅だけではなく⾃院の診療室のスタッフも理解が必要です。取り直しの出来ないものもあります。可能であればスタッフにも参加聴講してもらえると、スキルアップにつながると思います。
またこのコースでは1 年間を通して症例検討会を⾏っています。症例選定やスライド作成の進め⽅を説明します。記録を取るだけでなくスライドを組むことにより改めて不⾜している資料にも気付けます。⼀⼈だけで考えるのでは無く仲間とディスカッションして学べることはたくさんあります。⾃⾝ではまだ経験していない症例を共有することもできます。共に意⾒を出し合い充実した実のある時間となるようにしましょう。


【略歴】

礒邉和重 (いそべ かずしげ)


経歴・所属

1995年 日本歯科大学新潟歯学部卒業
1995年 医療法人慈皓会 波多野歯科医院 勤務
2006年 東北大学大学院歯学研究科修了 歯学博士
2011年 日本口腔インプラント学会専門医取得
2014年 医療法人和貴会 いそべ歯科医院 理事長
2018年 日本口腔インプラント学会指導医取得


日本口腔インプラント学会専門医・指導医
国際血液・幹細胞臨床応用会議
The International Society of Blood Biomaterials (ISBB)認定医
医療法人和貴会 いそべ歯科医院  一般社団法人東京形成歯科研究会


“ 講義 ”
「(前半) 2024 年度 新潟大学×TPDS 共同研究とリサーチマインドと再生医療
(後半) 文献検索と読み方」
新潟大学大学院医歯学総合研究科 歯科薬理学分野 准教授/日本再生医療学会認定医
川瀬知之

2015年度の夏からはじまった共同研究も,この4月から9年目に突入した.血小板濃縮材料(PRPやPRFなど)の本質に迫り,科学的エビデンスをもって,それらの歯科再生医療への応用を促進させるというのが立ち上げの動機であり目標でもあった.この8年間の活動にて,その目標はおおむね達成してきたといっていいと思う.副次的効果として,これまでに東京形成歯科研究会から6名の日本口腔インプラント学会指導医を誕生させることにも貢献できた.現在,東京形成歯科研究会は当該共同研究のほかに,日大松戸歯学部の放射線科および東大医学部口腔外科との共同研究を走らせているのはご存知のことと思う.それぞれカラーやグレード,あるいは参加者に求められる資質などが異なり,多少ともリサーチマインドがあれば,また時間的余裕があれば,自分に合った共同研究の門をたたくのも悪くないと思う.

研究テーマに関して少々紹介すると,当該共同研究はPRP (platelet-rich plasma)に関する研究に軸足を置きつつも,「効いた効かないの水掛け論」とは距離を置いて,血小板活性に関する基礎研究からplasma gelの臨床応用など広く研究対象としている.年4回新潟で開催している研修会では,実際に実験の様子を見学してらっている.さらに,日頃見る機会がないような実験機器に触る機会も設けており,好奇心がさらに育ってくれればと考えている.なお,本講演では併せて「再生医療」についても話す予定であるが,この際,もしかしたら皆さんがもっているイメージがグローバルな意味での「再生医療」と乖離していないか自己診断してもらいたい.

後半は「文献検索と読み方」について解説する.ときどき「読むべき論文」と称した本が出版されたり,学会誌や業界誌に「論文紹介」のコラムがあったりするので,そういう記事を読んで情報をアップデートしている方々も少なくないと思う.どちらかと言えば,こういう姿勢は受動的であり,特に強い目的意識が働いているわけではない.だからといって「これじゃだめだ」といっているわけではない.ただ,問題は自分が学会発表などをする段になって,このような行動パターンはほとんど役に立たないということである.若いうちに目的意識をもって文献検索をするノウハウを身に着けておかないと,肝心な時に構造的にかっちりとした抄録や論文を書けないものと自覚しておいた方がいい.過去の講習会でも「臨床の疑問を研究の疑問に変換する技」や「研究の疑問を解決するための技」について講義してきたが,今回は「課題解決のために必須となる文献検索」について,初心者を対象としたエントリーレベルの話をしたい.


【略歴】

川瀬 知之 (かわせ ともゆき)


経歴・所属

新潟大学大学院医歯学総合研究科 歯科薬理学分野 准教授
新潟大学病院輸血・再生・細胞治療センター 品質管理責任者
日本歯科大学新潟生命歯学部認定再生医療等委員会委員
日本再生医療学会認定医
Odontology: Associate Editor
International Journal of Molecular Science: Guest Editor
Frontiers in Bioengineering and Biotechnology: Topic Editor, Review Editor
BioMed: Editorial Board
Medicine (Wolter-Kluwer): Editorial Board
Biomedical Reports: Editorial Board 他

1985年 3月 新潟大学歯学部歯学科卒業
1986年 9月 新潟大学大学院歯学研究科中退
1986年 10月~1992年9月  新潟大学歯学部助手
1991年 1月~1993年 5月 米国マイアミ大学医学部博士研究員
1992年 10月~1993年10月  新潟大学歯学部講師
1993 年11月~現在に至る 新潟大学歯学部助教授 (2002年4月より新潟大学大学院准教授に配置換え)
1997年 11月~1998 年 1月 米国カンザス大学医学部およびマイアミ大学医学部にて客員教授

“ 講義 ”
「JSOI専門医制度について/インプラント治療、治療計画に関する補綴学的リスクマネジメント」
九州歯科大学副学長/日本口腔インプラント学会理事長
細川隆司

本講演では現在進行中の専門医機構認定のインプラント歯科専門医(仮称)制度について議論されている概要を示し、その延長線上にある歯科専門医機構認証に向けてのロードマップについても可能な範囲で触れてみたいと思います。また,本講演では、インプラント治療、治療計画に関する補綴学的リスクマネジメントについて触れてみたいと思います.インプラントは患者の口腔内で極めて長期間機能する可能性が高い治療です.それだけに,長期にわたるメインテナンス時に発生するトラブルをできるだけ予防することが重要な課題と考えられます。


【略歴】

細川隆司(ほそかわ・りゅうじ)


経歴・所属

日本口腔インプラント学会理事長

1986年 九州歯科大学歯学部卒業
1989年 日本学術振興会特別研究員
1990年 九州歯科大学大学院歯学研究科修了
1990年 ハーバード大学歯学部研究員
1991年 九州歯科大学歯学部助手
1995年 広島大学歯学部助手
2001年 広島大学歯学部附属病院講師
2003年 九州歯科大学教授・九州歯科大学附属病院口腔インプラントセンター長
2012年 九州歯科大学歯学部長
2016年 九州歯科大学附属病院副病院長
2020年 九州歯科大学副学長


PAGE TOP

facebook
認定再生医療等委員会